メニュー

名古屋市 緑区で 中学受験
高校受験・大学受験・内申対策なら
プロ講師による個別指導塾 Prax

ご質問。無料体験授業のお申込など、お気軽にご連絡ください(通話料無料)0800-200-8620

メールでのお問い合わせ

>>ブログトップへ

2011年4月

4月 28 2011

歴史用語を英語にすると…(奈良時代)

班田収授法 land allotment system

三世一身法 Laws of Three Generation or a Lifetime

蝦夷に対する防衛と侵略の軍事拠点 a military outpost from which defensive operations and forays against the Ezo tribesmen are mounted

風土記 regional gazetteer

国分寺 provincial temple

国分尼寺 provincial nunnery

開墾した土地の永久私有 the permanent privatization of reclaimed land

詔勅 imperial decree

大仏造立 construction of a huge Buddha image

懐風藻 Verses in Memory of Poets Past

4月 27 2011

歴史用語を英語にすると…(古墳時代)

古墳 large tomb mounds

大和朝廷 Yamato court

七支刀 a seven-pronged sword

倭の五王時代 the era of the Five Kings of Wa

筑紫国造磐井の乱 Rebellion by Iwai, governor of the province of Tsukushi

仏教伝来 Introduction of Buddhism

仏教反対派 the anti-Buddhist faction

聖徳太子 Prince Shotoku

蘇我氏による朝廷支配 the Soga family’s dominance over the court

横穴式石室 corridor-type stone chamber

摂政に任命される be appointed regent

遣隋使  the embassy to Sui-dynasty China

冠位十二階を制定する institute ” twelve grades of cap rank”

憲法十七条を公布する promulgate Seventeen-Article Constitution

現存しない no longer extant

最初の遣唐使を派遣する dispatch the first embassy to Tang-dynasty China

大化の改新 Taika Reform

白村江の戦いで敗れる be defeated in the Battle of Hakusonko

新羅による朝鮮半島統一 unification of Korea by the kingdom of Silla

壬申の乱 Jinshin Disturbance

 八色の姓 system of eight cognomens

和同開珎の鋳造 minting of the Wado kaichin

4月 25 2011

歴史用語を英語にすると…(旧石器・縄文・弥生時代)

旧石器文化 paleolithic culture

打製石器 a crude stone tool

縄文土器 Jomon pottery

磨製石器 a polished stone tool

竪穴住居 a pit house

水稲耕作 wet-rice cultivation

金印を授与される be awarded the gold seal

魏に使者を送る send an envoy to the kingdom of Wei

4月 19 2011

Absurd

Absurd

「アンカーコズミカ」によると、

the Absurd不条理劇(1950年代にベケットやイヨネスコが始めた演劇のスタイル)

不条理劇とは?

「Wikipedia」によると、

リアリズム演劇を含め、従来の演劇では、登場人物たちによる状況の変化を求める行動が、新たな状況を具体的に生み出し、最終的に状況が打開されるか、悲劇的な結末を迎える。このダイナミズムがストーリーの軸となっている。行動とその結果の因果律が明確な世界観と言える。

これに対し、不条理演劇では、登場人物の行動とその結果、時にはその存在そのものが、因果律から切り離されるか、曖昧なものとして扱われる。登場人物を取り巻く状況は最初から行き詰まっており、閉塞感が漂っている。彼らはそれに対しなんらかの変化を望むが、その合理的解決方法はなく、とりとめもない会話や不毛で無意味な行動の中に登場人物は埋もれていく。ストーリーは大抵ドラマを伴わずに進行し、非論理的な展開をみせる。そして世界に変化を起こそうという試みは徒労に終わり、状況の閉塞感はより色濃くなっていく。

なぜ、ベケットは不条理劇を書くようになったのか?

肝心のところが、日本語版には書いてない。

英語版では…、

In 1945, Beckett returned to Dublin for a brief visit. During his stay, he had a revelation in his mother’s room in which his entire future literary direction appeared to him. This experience was later fictionalized in the 1958 play Krapp’s Last Tape. Throughout the play, Krapp is listening to a tape he made earlier in his life; at one point he hears his younger self saying this: “…clear to me at last that the dark I have always struggled to keep under is in reality my most…” Krapp fast-forwards the tape before the audience can hear the complete revelation. Beckett later revealed to James Knowlson (which Knowlson relates in the biography Damned to Fame) that the missing words on the tape are “precious ally”. [17] Beckett claimed he was faced with the possibility of being eternally in the shadow of Joyce, certain to never best him at his own game. Then he had a revelation, as Knowlson says, which “has rightly been regarded as a pivotal moment in his entire career.” Knowlson goes on to explain the revelation as told to him by Beckett himself: “In speaking of his own revelation, Beckett tended to focus on the recognition of his own stupidity … and on his concern with impotence and ignorance. He reformulated this for me, while attempting to define his debt to James Joyce: ‘I realized that Joyce had gone as far as one could in the direction of knowing more, [being] in control of one’s material. He was always adding to it; you only have to look at his proofs to see that. I realized that my own way was in impoverishment, in lack of knowledge and in taking away, in subtracting rather than in adding.’” Knowlson explains: “Beckett was rejecting the Joycean principle that knowing more was a way of creatively understanding the world and controlling it … In future, his work would focus on poverty, failure, exile and loss – as he put it, on man as a ‘non-knower’ and as a ‘non-can-er.’”

なるほど。

4月 17 2011

Abominable Snowman

Abominable Snowman

「アンカーコズミカ」によると、

(ヒマラヤ山中に住むといわれる)雪男。abominable は人間が差別的につけた形容詞。yeti(=little manlike animal)というチベット名が無難。

とある。

Randomhouseで、abominable
repugnantly hateful;detestable;loathsome:an abominable crime
等とあるので、相当嫌なことばらしい。
なぜ、そんな形容詞がついてしまったのか?
 数え切れない人が食い殺されるようなおぞましい存在だったのか?
少々興味が湧いて、wikiで調べてみると、
…Newman mistranslated the word “metoh” as “filthy”, substituting the term “abominable”, perhaps out of artistic license…
とあった。
誤訳だったらしい。

4月 17 2011

abolitionism

abolitionism

Aには、

(アメリカ史)奴隷制度廃止論(南北戦争の原因の一つとなった)

との記述があるが、G・Wにはない。

American Heritageには、

The belief that slavary should be abolished. In the early nineteenth century, increasing numbers of people in the northern United States held that the nation’s slaves should be freed immediately, without compensation to slave owners. John Brown, Frederick W. Douglass, William Lloyd Garrison, Sojourner Truth, and Harriet Tubman were well-known abolitionists.

Abolitionism in the United States was an important factor leading to the Civil War.

 とある。

4月 16 2011

abjure

abjure
 
手元にあるどの辞書A,G,W,Lにも使い方が書かれていないので、英辞郎で検索すると、
abjure allegiance to, abjure one’s oathなどの使用例が出ていた。
こういう時に英辞郎は便利である。
さらに、「The Free Dictionary」では「The American Heritage」の欄に以下の記述があった。
1. To recant solemnly; renounce or repudiate: ”For nearly 21 years after his resignation as Prime Minister in 1963, he abjured all titles, preferring to remain just plain ‘Mr.’” (Time).
2. To renounce under oath; forswear.
Timeの記事まで掲載されていて嬉しい。この記事の首相はマクミランのことか。

4月 15 2011

abattoir

abattoir

A:(公設の)食肉解体場。(同義のslaughterhouseが露骨に響くような場合にこの語が用いられる)

G:1 《英》食肉処理場.2 ボクシング場,リング;闘牛場.

W:食肉処理場(slaughterhouse)

コメント:Aの(同義のslaughterhouseが露骨に響くような場合にこの語が用いられる)は親切。Gのボクシング場、リング、闘牛場は、LONGMANにも載ってない情報。WEB上のFREE DICTIONARYには、「Something likened to a slaughterhouse」とあるので、そのような意味で用いられるのだろう。⇒A=◎

4月 14 2011

abbey

abbey

A:(昔の)大修道院。abbotが管理する男子修道院(monastery)、abbessが管理する女子修道院(convent)のどちらをもさす。現在は多くが廃墟。the Abbey=Westminster Abbey.

G:【名】1  (男子または女子の)大修道院《◆現在ではmonastery(僧院), convent(尼僧院)が普通》.2 [the ~;集合的に;単数・複数扱い] 僧[尼僧]団.
3 [しばしばA~] (もと大修道院であった)大寺院,大邸宅∥
Westminster A~ ウエストミンスター寺院《◆単にthe Abbeyともいう》.

W:大修道院(monkまたはnunが起居して勤めを行った;現在ではmonastery,conventが普通;その一部である教会堂;the Abbey(英)ウエストミンスター寺院。

コメント:Aはabbot,abbessまでセットで覚えやすい。現在は多くが廃墟という情報があることでイメージが広がる。Gでは、大邸宅を指す場合があることもわかる。Wはmonastery,conventの区別がわかりにくい点が残念。⇒A・G=◎

4月 13 2011

「アンカーコズミカ」VS「ジーニアス」VS「ウィズダム」

英和辞典は、何冊かを手元に置いて読み比べてみると面白い。

「アンカーコズミカ英和辞典」(学研)、「ジーニアス英和辞典」(大修館)、「ウィズダム英和辞典」(三省堂)の3冊を独断で比較採点してみることにする。

aadvark

アンカーコズミカ(以下A):ツチブタ(アフリカ南部の草原に生息する夜行性の哺乳類;長い舌でシロアリやアリを食べる)

ジーニアス(以下G):ツチブタ(シロアリを食べる;アフリカ産)

ウィズダム(以下W):ツチブタ(ant bear)【アフリカ南部産;アリを食う夜行性哺乳動物】

 コメント:Aは、長い舌で食べる様子まで伝わって来て面白い。⇒A=◎

be taken aback

A:(意外なことに)びっくりする、あっけにとられる(by, at)(be の代わりにappearやseemもくる)- I was taken aback by his brutal frankness. 彼が手厳しくずばり言ったのには驚いた/He appeared taken aback by the question. 彼はその質問にぎくっとしたようだ。

:〔…に[で]/…ということに〕(しばらくものが言えないほど)めんくらう,あっけにとられる;むかっとする〔by,at/that節〕∥
I was taken ~ that he got first prize. 彼が1等を取ったのでびっくりした.

W:<予期せぬことなどに[で]>(人)が面食らう、当惑する、びっくりする。<by, at, with, that節>

 コメント:Aは例文2つ。that節に関する言及はなし。Gの「むかっとする」のような用例は珍しいのでは?that節よりもbyをともなうことが多いので例文もその方がよいのでは?Wは例文がほしい。⇒A=◎

▲このページのトップへ戻る
プロ講師による個別指導塾 Prax(プラックス)
ご質問。無料体験授業のお申込など、お気軽にご連絡ください(通話料無料)0800-200-8620
PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
メニュー このページのトップへ